WEBサイト「やってみよう!プログラミング+(プラス)」を公開しました!

2022/03/30


Image from Gyazo

Tera school では、阪急阪神 未来のゆめ・まち基金の助成を受け、すべての子どもたちが経済環境によらずプログラミング教育に触れられる環境作りに取り組んでいます。
この度、私たちがプログラマやエンジニアの皆さんにご協力いただきながら制作してきたWEBサイト「やってみよう!プログラミング+(プラス)」がついに完成しました!

「やってみよう!プログラミング+」は、プログラミング学習をはじめとした、コンピュータを使った学びに関するさまざまな情報をまとめたサイトです。

「やってみよう!プログラミング+」
ーーー

<制作の目的>
・プログラミングに興味はあるけれど、何から始めたらいいか分からない
・高価なプログラミング教室に通うのは経済的に難しい
そんな思いを持つお子さんや保護者の方が、入門的な内容であればプログラミング教室などに通わなくても体験できるように、断片的に散らばっている「無料または安価でプログラミングなどを学べる情報」を整理しました。
ご家庭に留まらず、プログラミング教育やICT教育を実践される小学校の先生方、子どもたちの居場所づくりや学習支援などを行う子育て・教育関連団体の方にも活用していただける内容になっています。興味がありそうな方が身近にいらっしゃいましたら、ぜひご紹介ください。

<サイトの構成>
◎「やってみよう!」のコーナー:プログラミングや電子工作などを体験してみたい人向けに、さまざまな種類の入門コンテンツを用意しています。
◎「いろいろな言語」のコーナー:様々なプログラミング言語を気軽に体験してみたい人向けに、言語の特徴や始め方、参考情報がまとめられています。

<制作の工夫>
コンテンツのほとんどは、様々な場所で活躍する現役のプログラマーの方に、それぞれの専門性を生かして書いていただいたものです。今後も多くの方が関わってコンテンツが増えていくような、有機的なページを目指しています。

<公開によせて>
パーソナルコンピュータやインターネット、そしてプログラミングは、「誰もがアクセスすることができ、手にしたすべての人をエンパワー(力強く)するツール」として発展してきたものです。私たちもこうした流れに沿って、すべての子どもたちがコンピュータを使った学びに気軽にふれられる環境づくりに貢献していきます。
「やってみよう!プログラミング+」をご参考に、コンピュータでの学びをどうぞお楽しみください!

記事一覧へ戻る

このページのトップへ