Tera school Kids:「かくとくカード」が活躍中!

2020/10/26


Image from Gyazo

5歳〜小学2年生の低年齢の子どもたちが、遊びながら読み書き計算に親しむTera school Kids。
子どもたちの楽しみの一つが「かくとくカード」です。
かくとくカードは、好きな言葉を書いて練習するともらえます。最近は、コツコツ増やしたかくとくカードでお店屋さんごっこが流行中!

Image from Gyazo
Image from Gyazo
 

文字数を反映した「こうげきりょく」と字の美しさを反映した「しゅびりょく」の合計がカードの値段になり、ビー玉のお金で買い物をします。
値段やおつりを知るためには、足し算や引き算の暗算が必要です。
初めはおつりの考え方がわからなかった1年生の女の子も、「今日もお店屋さんする!」と続けているうちに、繰り上がりのある暗算もどんどん速く正確になってきました。
書くことのゲーミフィケーションのために考案された「かくとくカード」ですが、こうして計算のゲーミフィケーションに活用されています!

記事一覧へ戻る

このページのトップへ