学び合いコース:対面とオンライン、どう使い分けてる?

2020/12/11


対面とオンラインのハイブリッド開催を始めて約半年が経った学び合いコース。
多くの生徒が、対面参加の日とオンライン参加の日を併用しています。
先日の教室では、「対面とオンラインの使い分けってどうしてる?」というテーマで座談会をしました!

Image from Gyazo
Image from Gyazo
 

以下は、小中学生の生徒たちの意見の抜粋です。

ーーー
1 オンラインの良さって何?
・対面でできないPCを使った学習ができる
・PC作業が上達していく
・インターネットを使えるのでグループワークの幅が広がる
・ブレイクアウトなどの機能が使えて便利
・音楽を聴きながらなど、自分の好きな環境でできる
・自分がしたい曜日にできる
・移動時間がかからない

2 対面の良さって何?
・気軽にしゃべりやすい、交流しやすい
・隣に人がいるので質問しやすい
・ものを作るなど、対面でしかできないグループワークもある

3 対面とオンラインをどう使い分けている?
・基本的に移動時間がかからないオンラインを利用しつつ、オンラインで味わえない空気感を味わうためにたまに対面に行く
・オンラインの日は持ち運びしにくい図鑑での調べ物などをしている。対面の日は持ち運びがしやすいテキストを持っていく

4 対面とオンラインのどっちが好き?
・オンライン。自分がやりたいことがしやすい
・対面。集中したいときは集中できるし、話したいときは話せる
・基本的に対面が良いが、クラブ活動で遅くなった時や疲れた時はオンラインが良い

5 対面・オンラインでもっとこうなったらいいと思うこと
オンラインに対して)
・対面より質問がしにくいので、質問の時間を作る
・対面と違って一人ひとりPCを持っているので、Zoomの機能を色々使うと便利だと思う
・みんなの様子を知りたいから、経過報告の時間を作る
対面に対して)
・振り返りの時間を当番制にしてみる

ーーー
小中学生の子どもたちがどのように感じながら参加しているかが分かり、とても参考になりました。
今後、対面とオンラインそれぞれの強みを生かす学びの場を、子どもも大人も一緒になってさらに磨いていきたいです!

記事一覧へ戻る

このページのトップへ