「親子で体験! 電子工作&機械学習入門ワークショップ」を開催しました!

2021/12/19


Image from Gyazo

12月18日(土)に、東本願寺しんらん交流館さんにて行ったワークショップ。
今回は、理科や工作が好き、プログラミングに興味があるといった親子向けに、電子工作と機械学習の入門的な内容を体験するイベントでした!

電子工作の入門として使用したのは「micro:bit」(マイクロビット)。
micro:bitは子どもたちがプログラミングを学ぶために作られた小型のコンピュータボードです。パソコン上で書いたプログラムを転送すると、micro:bit上の様々なセンサーが作動します。
今回はその中でも、モーターを動かしたり、LEDライトと点灯させたりという体験をしました。

機械学習の入門として使用した環境は「Teachable Machine」(ティーチャブルマシン)。
機械学習ってなんだろう?という導入から、実際にティーチャブルマシンを使ってコンピュータに「グー」「チョキ」「パー」の3つの画像を判別させるための学習を行いました。
それぞれの画像の共通点から特徴を覚えるコンピュータ。
「左手だとどう?」「お母さんの手だとどう?」「背景を変えるとどう?」など、より正しく判別するために試行錯誤を繰り返しました。

Image from Gyazo
Image from Gyazo
 

参加された方からは、
「子どもがちょうどパソコンやゲームに興味を持ち出したところで、今日学べて本当に面白かったです」
「まさに空想を現実にできる魔法を身につけたような体験でした」
といったコメントをいただきました。

様々な体験が新しい学びのきっかけになった方も多かったようで、私たちもとても嬉しいです。
普段のプログラミングコースでは、今回のワークショップよりもさらに進んだ内容に取り組めます。興味を持たれた方はぜひ体験にお越しください!

記事一覧へ戻る

このページのトップへ