夏休み特別企画

夏休みには、学校の自由研究や宿題などをより充実させるイベントや、自然の中で探究活動を行うキャンプを開催しています。ぜひ楽しみにしていてください!
※内容は毎年異なります。特別企画を行わない年もありますのでご承知おきください。

 

Tera school 探究キャンプ

2泊3日の行程で、京都府宮津市の自然公園兼キャンプ場「丹後 海と星の見える丘公園」を訪れ、豊かな自然の中で動植物を探したり観察したりしながら、参加する子どもたちがそれぞれテーマを決めて探究活動を行います。地元の方と一緒に取り組む郷土料理づくりや、さまざまな楽しいアクティビティも予定しています。

キャンプ① キャンプ② キャンプ③
 
参考)
・時期:8月上旬(例年の実績)
・会場:丹後 海と星の見える丘公園(京都府宮津市)
・内容:フィールドワーク調査、郷土料理づくり、お楽しみアクティビティ、探究発表会など
・対象:小学3年生〜中学3年生

*年によっては内容に変更がある場合や、開催を見送る場合もあります。ご承知おきください。

 

宿題終わらせよう合宿

楽しい夏休みの中で、唯一の気がかりとも言えるのがたくさんの宿題です。毎年、最終日まで宿題を残して後悔している人はいませんか? 夏休みの開始直後に宿題を一気に終わらせるためのイベントが「宿題合宿」です!

合宿というタイトルですが、両日とも宿泊なし・日帰りのプログラムです。涼しく静かな環境で、分からないことは大学生・大学院生や社会人のスタッフに質問しながら宿題に取り組みます。お互いを応援しながらみんなで取り組めば、宿題も楽しくあっという間に進められますよ。
ちょっと休憩する時間にも、お庭や襖絵を眺められるのは Tera school ならでは。集中して学習した後は、ゲームなどのお楽しみの時間も用意しています!

写真1 写真2 写真3
 

 

自由研究につながる特別イベント

夏休みといえば自由研究。Tera school では、学校の自由研究をより一歩深めるような楽しい企画を実施しています。※内容は毎年異なります。特別企画の無い年もありますのでご承知おきください。

2020年夏休み企画「超自由研究」
子どもたちが各分野の専門家の方とじっくり話す中で、答えのない問いに没頭する「超自由研究」。
新型コロナウイルス感染症の影響により夏休みが短く、自由研究の課題が出なかった学校もあったこの年、せっかくなら普段とは違った「自由研究を超える」自由研究をしよう!という思いからスタートしました。
最後の発表会では、小学4年生〜中学1年生の子どもたちのほか、Tera school らしく大学生や大学院生のスタッフからの発表もあり、思う存分自らの問いに向き合う機会となりました!

 
【実施イベント】
・「問いを見つけるワークショップ」(京都大学 宮野公樹先生)
・「小中学生と哲学者の哲学対話」(京都市立芸術大学 永守伸年先生)
・「小中学生と宇宙物理学者の宇宙対話」(京都市立芸術大学 磯部洋明先生)
・「小中学生と倫理学者の社会問題対話」(南山大学 神崎宣次先生)
・(随時:参加者に対する個別相談会)
・「超自由研究 発表会」

【発表テーマ】
「AIに出来る事・出来ない事」「存在とは」「人間の細胞の様子と働き」「死とは何か」
「カブトムシのコミュニケーション術」「課題解決って何?」「ダイラタンシー現象」など
 
2019年夏休み企画「Tera school 夏祭り」
さまざまな専門性を持つ団体やゲストの方と共同企画して、ユニークなワークショップを連続的に実施しました。 夏の自由研究のヒントにもなったのではないでしょうか?
   
WS1 その1「プログラミングワークショップ」
【ゲスト】HackforPlay開発者 寺本大輝さん、Siv3D・Siv3D for Kids開発者 鈴木遼さん
子ども向けプログラミング学習環境の開発者のお二人をゲストに招いて開催した、ゲームづくりを通してプログラミングを楽しく学ぶワークショップです。
WS2 その2「鴨川探究ワークショップ」
【共催】株式会社バイオームさん
事業を通して生物多様性の保全を目指す京大発ベンチャー企業・バイオームさんと共同で企画・実施しました。スマートフォン向けアプリ「バイオーム」を活用しながら、親子で鴨川での生き物探しを楽しみ、みんなで「鴨川生き物図鑑」を作りました!
WS3 その3「演劇ワークショップ」
【共催】認定NPO法人テラ・ルネッサンスさん
元子ども兵の支援など国際協力・平和教育の分野で活動されている認定NPO法人テラ・ルネッサンスさんと共同で企画・実施しました。アフリカの元子ども兵の人の体験をもとにしたオリジナルの劇を演じることで、現地の子どもたちに思いを馳せました。
WS4 その4「ゲームづくりワークショップ」
【共催】NPO法人Board Game Japanさん
学習要素を含むゲームの開発・普及を目指すNPO法人Board Game Japanさんと共同で企画・実施しました。既存のゲームを観察して「ゲームの面白さ」を分析したあと、オリジナルのボードゲームやカードゲームをつくりました!
 
2018年夏休み企画「お寺で自由研究」
自由研究を通して科学の本質的な知識を学ぶことを目的に、妙心寺寿聖院で開催した「お寺で自由研究」。ゲストとして、科学コミュニケーションが専門でNHKの科学番組の制作にも関わられている、滋賀大学の加納圭先生と研究室の皆さんにお越しいただきました。

【協力】滋賀大学教育学部 加納圭研究室

写真1 写真2 写真3
 
第1回:研究計画を立てるワークショップ
滋賀大学の加納研究室で開発されたボードゲームで遊びながら研究者の視点を学び、参加者一人ひとりが関心のあるテーマを深掘りして自由研究の計画を立てました。

第2回:成果発表会
各自が取り組んだ自由研究の発表会を行いフィードバックをしあいました。
2016年夏休み企画「ワッショイ!自由研究祭」
自由研究を通して充実した学びを体験できるようにサポートする「自由研究祭(じゆうけんきゅうまつり)」。京都らしく、各回のイベントタイトルは祇園祭をモチーフにして名付けられました。

その1「祭開き(まつりびらき)」:問いを立てるワークショップ
【ゲスト】滋賀大学教育学部 加納圭先生
NHKの科学番組の制作にも関わられている滋賀大学の加納圭先生にゲストとしてお越しいただき、科学ワークショップを行いました。

その2「前祭(さきまつり)」:探究キャンプ
今では毎年恒例となっている探究キャンプを、この年初めて夏休みに開催しました。2泊3日の行程で、京都府宮津市の「丹後 海と星の見える丘公園」を訪れ、豊かな自然の中で体験活動や探究活動に取り組みました。

その3「後祭(あとまつり)」:中間発表会
一人ひとりがその時点での研究の進捗状況について発表し、実際の研究者の方を含めた大人からも子どもからもフィードバックを受け、研究をより充実した内容にするための計画を考えました。「大人の自由研究」と題した大学生・社会人スタッフによる発表も行われました。

その4「奉納(ほうのう)」:最終発表会
【協力】株式会社a.school(エイスクール)さん
会場の京都大学時計台・国際交流ホール内にそれぞれがブースを出展し、ポスター発表や作品展示、プレゼンテーションなどを行いました。また、Tera school と同様に探究活動に関するプログラムを展開する東京の学習塾「a.school」さんの発表会と同時に開催し、京都と東京を中継でつなぎ、ユニークな発表をお互いに紹介しあいました。

 

このページのトップへ